小屋合板4.76倍

屋根構面や火打梁でも足りない時は、小屋合板を使うことがあるでしょう。

緩い勾配の屋根では、合板と垂木が干渉する。

対策として、壁でいう真壁みたいに納めればよい。

そこでの注意点は、羽子板と受材が干渉しないようにすること。

梁成105では、羽子板と受材が干渉する。

対策として、梁成150にして羽子板は下側に取り付ける。下図参照。

小屋合板納まり

床倍率は、いくつになるだろう。

合板の木口でツッパルので、4倍よりは大きくなると予想される。

落とし込みの剛床の計算例はグレー本にはない。

そこで、真壁の計算に習い倍率を求めたら4.76倍となった。下記参照。

落とし込み床倍率P1落とし込み床倍率P2落とし込み床倍率P3落とし込み床倍率P4

では。(今日の予定:タイヤをスタッドレスに交換)



スポンサーサイト



最新コメント
最新記事
プロフィール

良家 りょう(yoike-ryou)

Author:良家 りょう(yoike-ryou)
地場の工務店に勤務。
ほとんど、住宅設計を
担当しています。
仕事エリアは 秋田、
岩手、宮城県です。
血液型A型、さそり座。

月別アーカイブ
カテゴリ
W3ワンダースリー(以前のHN) (1)
構造 (142)
保険 (4)
温熱 (73)
長期優良住宅 (29)
木のはなし (19)
その他 (65)
情報 (13)
その他、資料等 (0)
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
メールフォーム(コメントを公開しないかたもメールで。)

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者様の累計
リンク集
このブログをリンクに追加する
アンペア ダウン
アンペアダウン プロジェクト ~でんきナマケます~ アンペアをダウンして取り戻す「豊」な生活。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会
耐震構法 SE構法