スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱損失

以前は床面積が小さくなるとQ値は自然に悪くなると書きました。

今日は「細長いと悪くなる」と「平屋になると悪くなる」というお話です。

     正方形で総2階 長い  平屋  両方
間口a        8.0   4.0    11.3   4.0
奥行きb       8.0   16.0   11.3   32.0
高さh         6.0   6.0    3.0     3.0
階数         2.0    2.0    1.0    1.0
床面積       128.0   128.0   128.0   128.0
表面積       320.0   368.0   391.8  472.0
表面積比     1.00   1.15    1.22    1.48

8×8の総2階を1.0とすると
4×16の2階建ては1.15
11.3×11.3の平屋は1.22
4×32の平屋は1.48にもなります。同じ床面積なのにこんなに違います。
まともにQ値に跳ね返り、また光熱費にも直結するのです。
そして、表面積は工事費にも直結。
では。
スポンサーサイト
次のページ
最新コメント
最新記事
プロフィール

良家 りょう(yoike-ryou)

Author:良家 りょう(yoike-ryou)
地場の工務店に勤務。
ほとんど、住宅設計を
担当しています。
仕事エリアは 秋田、
岩手、宮城県です。
血液型A型、さそり座。

月別アーカイブ
カテゴリ
W3ワンダースリー(以前のHN) (1)
構造 (142)
保険 (4)
温熱 (73)
長期優良住宅 (29)
木のはなし (19)
その他 (65)
情報 (13)
その他、資料等 (0)
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
メールフォーム(コメントを公開しないかたもメールで。)

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者様の累計
リンク集
このブログをリンクに追加する
アンペア ダウン
アンペアダウン プロジェクト ~でんきナマケます~ アンペアをダウンして取り戻す「豊」な生活。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会
耐震構法 SE構法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。