スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
はたしていまの基準で本当に命を守れるか
☆''いつも元気なERIEちゃん''☆ どうもです。
80%(倒壊率)ですか。知りませんでした。
興味深いことです。また何か教えてください。
では。
2010/02/18 12:28 W3 URL 編集
はたしていまの基準で本当に命を守れるか
それは、無理でしょう。
予測不可能な地震に対して、絶対壊れない建物を建てるのは無理です。
耐震診断では、新耐震同等建物での安全性を、80%(倒壊率)においています。

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
2010/02/18 11:04 Erie URL 編集
Re: 耐震安全保障はどこまで?
☆''いつも元気なERIEちゃん''☆どうもです。
地震計が多く設置されるようになってから、今の基準では十分でないことが解ってきた
という記事もありました。日本では地震はいつどこにおきても不思議ではないともいわれています。はたしていまの基準で本当に命を守れるか疑問に感じていました。
コストのことはよくわかりませんが、提言の16ページには1.25倍で1~3%、
1.5倍で3~5%にすぎないとありました。
では。

2010/02/07 14:37 W3 URL 編集
耐震安全保障はどこまで?
構造設計、耐震に対する安全は、どこまで補償するのか?と言う問題になると思う。
数百年に一度の地震に対して、安全を保証する必要性があるのか?それを、建て主は求めているのか?疑問を感じる。
規準を厳しくして、強い建物を建てるのは、費用もかかるし、そこまでする必要性があると、世論は求めているのだろうか?
設計者の自己満足に終わってはいけないと、個人的には思います。

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
2010/02/07 13:09 Erie URL 編集
コメントの投稿
トラックバック (-)

最低基準から標準基準へ

今日ネットを見ていたら、耐震基準見直しの提言があった。

東京財団の提言は ここ です。

現行の400ガル程度の想定に対して、中越地震で2400ガル(川口町)を記録していることからしても

見直した方がいいと思うのは、私だけでしょうか。

また ここ にその解説みたいなのがありました。

現在の等級3、最低でも2で設計するべきと、改めて思いました。

ではまた。


関連記事
コメント (4)
はたしていまの基準で本当に命を守れるか
☆''いつも元気なERIEちゃん''☆ どうもです。
80%(倒壊率)ですか。知りませんでした。
興味深いことです。また何か教えてください。
では。
2010/02/18 12:28 W3 URL 編集
はたしていまの基準で本当に命を守れるか
それは、無理でしょう。
予測不可能な地震に対して、絶対壊れない建物を建てるのは無理です。
耐震診断では、新耐震同等建物での安全性を、80%(倒壊率)においています。

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
2010/02/18 11:04 Erie URL 編集
Re: 耐震安全保障はどこまで?
☆''いつも元気なERIEちゃん''☆どうもです。
地震計が多く設置されるようになってから、今の基準では十分でないことが解ってきた
という記事もありました。日本では地震はいつどこにおきても不思議ではないともいわれています。はたしていまの基準で本当に命を守れるか疑問に感じていました。
コストのことはよくわかりませんが、提言の16ページには1.25倍で1~3%、
1.5倍で3~5%にすぎないとありました。
では。

2010/02/07 14:37 W3 URL 編集
耐震安全保障はどこまで?
構造設計、耐震に対する安全は、どこまで補償するのか?と言う問題になると思う。
数百年に一度の地震に対して、安全を保証する必要性があるのか?それを、建て主は求めているのか?疑問を感じる。
規準を厳しくして、強い建物を建てるのは、費用もかかるし、そこまでする必要性があると、世論は求めているのだろうか?
設計者の自己満足に終わってはいけないと、個人的には思います。

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
2010/02/07 13:09 Erie URL 編集
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(土の熱伝導率 2)
次のページ(木質ペレット)
最新コメント
最新記事
プロフィール

良家 りょう(yoike-ryou)

Author:良家 りょう(yoike-ryou)
地場の工務店に勤務。
ほとんど、住宅設計を
担当しています。
仕事エリアは 秋田、
岩手、宮城県です。
血液型A型、さそり座。

月別アーカイブ
カテゴリ
W3ワンダースリー(以前のHN) (1)
構造 (142)
保険 (4)
温熱 (73)
長期優良住宅 (29)
木のはなし (19)
その他 (65)
情報 (13)
その他、資料等 (0)
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
メールフォーム(コメントを公開しないかたもメールで。)

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者様の累計
リンク集
このブログをリンクに追加する
アンペア ダウン
アンペアダウン プロジェクト ~でんきナマケます~ アンペアをダウンして取り戻す「豊」な生活。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会
耐震構法 SE構法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。