スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
結露
> > > 結露、毎年悩まされてます。どうしたら、やつらは消えてくれるのか。カビの生えたカーテン。あれもなかなか落ちないんです。
> >
> > pinkさん はじめまして。
> > 窓の結露ですか。
> > 結露をとめる方法は、ふたつしかありません。
> > 1.窓(ガラス、枠)の表面温度をあげること。(さげないこと)
> > 2.室内の水蒸気量をへらすこと。
> > です。
> > 1.では、表面温度をさげないようにペアガラスなどの断熱性のいいものにするとか
> >  表面温度をあげるように、それ用のヒーターをつけるとか。
> > 2.では、調理時や入浴時などの水蒸気の換気に気をつけるとか。
> >
> > ガラスはLow-Eでガス入り、オール電化なら、窓の結露はほとんどありませんけどね。
> > では。
2010/04/06 11:04 W3ワンダースリー URL
結露、毎年悩まされてます。どうしたら、やつらは消えてくれるのか。カビの生えたカーテン。あれもなかなか落ちないんです。
2010/03/26 11:12 pink URL
コメントの投稿
トラックバック (-)

結露

RC造内断熱は結露するのか

RC造内断熱は結露するのか1RC造内断熱は結露するのか2


何気なく昔の本を見ていたら面白い記事があった。

「史上最大のミステーク」での、結露が必ず発生するというのは、間違い。

坂本先生の非定常計算には間違いないでしょう。

結露問題は、なかなか難しいところもあります。

以下引用
はじめに(結露問題の難しさ)
建築物において「結露」はいくつかの意味で難しい問題である。まず、物理現象として正確な予測が難しい。もちろん、定常計算で表面結露を予測する計算は容易であり、表面温度がおおむね正しく予測されれば、結露が発生するか否かの判定もおおむね正しく予測される。しかし、内部結露の予測に使用される非定常計算は、その理論からしてやや難解であるので、一般の実務者に対して非定常計算の理論から応用までを普及させる事は容易なことではない。まして、液水移動現象まで扱わねばならなくなると、理論さえ心許なくなる。水分物性値の履歴現象などに見られるように、多孔質材料中の水分移動現象には、モデル化がまだ十分にできていない現象も存在するようである。また、材料の物性値についても、測定値が少ない上に、データのばらつき範囲が曖昧である。このような状況であるから、現状の非定常計算(熱水分同時移動モデルによる計算)は蒸気拡散が支配的な状況(相対湿度がおおむね95%以下の状況)ではおおむね信頼してよいが、この条件が崩れた場合には注意しなければならない。
 次に、結露や高湿度はどの程度まで許容されるのか、とうい問題がある。実のところ、筆者はこれが最も厄介な問題であると考えている。できれば、建物の部位は常に相対湿度30~70%の範囲で、もちろん結露は一滴もなしというのが、結露問題に対する最高の答えなのであろうが、年間を通してこの状況を保つには暖冷房や除湿機が必要となり、ランイングコストの点からこれは非現実的なものになる。であるから、結露は一時的に発生しても、結露による実害が発生しなければよいという「思想」が生まれる。しかし、この「思想」は問題を一層、複雑にかつ難しくしてしまう。つまり、「実害」を厳密に定義する必要に迫られるし、実害の発生に至る限界の結露量も明白にしなければならなくなる。例えば、木造住宅の場合には「実害」とは木材の腐朽であると想定する人が多い。しかし、RCの場合には腐朽がないので、カビの発生が「実害」になったりする。木造の場合だって、カビは発生する可能性があるにもかかわらず、なぜ「腐朽」しか問題にしないのであろうか?また、そもそも、窓の結露を見逃しておいて、なぜ壁だけに防露性を求めるのであろうか?このように「実害」と簡単にいっても、その定義は一筋縄には行かない。
 以上のように、建築における結露の問題は、そう簡単に単純明快な解答が得られるものではない。しかし、とにかく結露は好ましくないことだけは確実であり、結露が発生する確率を有る程度まで低減することが求められているのだと、解釈される。そして、高性能な建物ほど、そのような結露発生の確率というものを低くしなければならない。

ではまた。


関連記事
コメント (2)
結露
> > > 結露、毎年悩まされてます。どうしたら、やつらは消えてくれるのか。カビの生えたカーテン。あれもなかなか落ちないんです。
> >
> > pinkさん はじめまして。
> > 窓の結露ですか。
> > 結露をとめる方法は、ふたつしかありません。
> > 1.窓(ガラス、枠)の表面温度をあげること。(さげないこと)
> > 2.室内の水蒸気量をへらすこと。
> > です。
> > 1.では、表面温度をさげないようにペアガラスなどの断熱性のいいものにするとか
> >  表面温度をあげるように、それ用のヒーターをつけるとか。
> > 2.では、調理時や入浴時などの水蒸気の換気に気をつけるとか。
> >
> > ガラスはLow-Eでガス入り、オール電化なら、窓の結露はほとんどありませんけどね。
> > では。
2010/04/06 11:04 W3ワンダースリー URL
結露、毎年悩まされてます。どうしたら、やつらは消えてくれるのか。カビの生えたカーテン。あれもなかなか落ちないんです。
2010/03/26 11:12 pink URL
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(構造計算書説明書)
次のページ(ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2009表彰式)
最新コメント
最新記事
プロフィール

良家 りょう(yoike-ryou)

Author:良家 りょう(yoike-ryou)
地場の工務店に勤務。
ほとんど、住宅設計を
担当しています。
仕事エリアは 秋田、
岩手、宮城県です。
血液型A型、さそり座。

月別アーカイブ
カテゴリ
W3ワンダースリー(以前のHN) (1)
構造 (142)
保険 (4)
温熱 (73)
長期優良住宅 (29)
木のはなし (19)
その他 (65)
情報 (13)
その他、資料等 (0)
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
メールフォーム(コメントを公開しないかたもメールで。)

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者様の累計
リンク集
このブログをリンクに追加する
アンペア ダウン
アンペアダウン プロジェクト ~でんきナマケます~ アンペアをダウンして取り戻す「豊」な生活。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会
耐震構法 SE構法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。