スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

片流れ屋根

ちわッス
グレー本の屋根構面の仕様には、垂木と軒桁の接合仕様が書かれている。
(また雲筋かいの仕様も明記された。)
普通は片流れの垂木は水下側しか桁と接合できていない。
水上側の力を下の耐力壁に伝える考慮が必要と思われる。
でなければ表の倍率は適用できないでしょう。
下屋の水上側も同じようなことがいえる。
そのような造りの場合は屋根構面をカウントせず、小屋裏水平部分で考える。

Q&Aにも次のようにあった。
「その傾斜面から耐力壁に有効に水平力が伝達できるもの」
「構造用合板が桁にも有効に力を伝達できるように留めつけたもの」

では。
関連記事
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(絶対湿度8~12g/Kg'(ドライエアー))
次のページ(グーグルアース)
最新コメント
最新記事
プロフィール

良家 りょう(yoike-ryou)

Author:良家 りょう(yoike-ryou)
地場の工務店に勤務。
ほとんど、住宅設計を
担当しています。
仕事エリアは 秋田、
岩手、宮城県です。
血液型A型、さそり座。

月別アーカイブ
カテゴリ
W3ワンダースリー(以前のHN) (1)
構造 (142)
保険 (4)
温熱 (73)
長期優良住宅 (29)
木のはなし (19)
その他 (65)
情報 (13)
その他、資料等 (0)
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
メールフォーム(コメントを公開しないかたもメールで。)

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者様の累計
リンク集
このブログをリンクに追加する
アンペア ダウン
アンペアダウン プロジェクト ~でんきナマケます~ アンペアをダウンして取り戻す「豊」な生活。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会
耐震構法 SE構法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。