スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

換気回数の低減

前にも書きましたが、審査機関によって運用が違うのはどうなんでしょうか。

温熱の話ですが、100㎡位の住宅だとQ値基準がきつくなる。

秋田(宮城、青森)では、換気回数の低減は認められたが、

岩手では認められない(型式や特認は可)。 評価協に聞いたが、計算法に明解なものがなく

運用は審査機関まかせだという。まったく困ったものです。


私は、IBECの型式性能認定用の申請資料ガイド(今は改定中らしい)にある計算法

でやってますが、先日ある審査機関から質問がきました。

以下質問。
みなし換気回数の計算において、
1)自分が手計算で行うと、n’の計算値が合いません。計算内容は別添のとおりですが、入力値または単位等が間違っていると思いますが、
  間違いはどこになるのでしょうか?
2)e=0.73は、カタログに数値がのっているのでしょうか?
3)VAの値の 0.0694 は、何の値でしょうか?カタログに載っているのでしょうか?

私の回答
1)について
みなし換気回数をもとめる式は n'=0.5-e・m+(⊿F・ρE)/(0.35・B・εH・ρH)・(τH/D)です。
式の意味は、御存じとは思いますが、おさらいまで。
右辺第1項 0.5 は換気回数の標準値
右辺第2項 e×m は熱交換による換気回数の削減分
右辺第3項 ⊿F・ρE/(0.35・B・εH・ρH)・(τH/D) は熱交換による換気回数の増大分 
○○邸の場合の右辺第1項は0.5ではなく、機械換気の対象となる換気回数m(=VA/B)の0.56として計算しています。
2)について
eは熱回収装置の顕熱回収効率です。
 ここ にカタログがあります。(ロスナイ換気、強ノッチで温度交換効率の部分を参照)
なお表記は0.73となっていますが0.725で計算はしています。
3)について
VAは定格風量の250m3/h(上記のカタログでは風量となっているところです)
単位をm3/sにすると3600で割って0.0694となります。

以上参考まで。
では。



関連記事
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(生き生きと)
次のページ(下屋の床倍率)
最新コメント
最新記事
プロフィール

良家 りょう(yoike-ryou)

Author:良家 りょう(yoike-ryou)
地場の工務店に勤務。
ほとんど、住宅設計を
担当しています。
仕事エリアは 秋田、
岩手、宮城県です。
血液型A型、さそり座。

月別アーカイブ
カテゴリ
W3ワンダースリー(以前のHN) (1)
構造 (142)
保険 (4)
温熱 (73)
長期優良住宅 (29)
木のはなし (19)
その他 (65)
情報 (13)
その他、資料等 (0)
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
メールフォーム(コメントを公開しないかたもメールで。)

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者様の累計
リンク集
このブログをリンクに追加する
アンペア ダウン
アンペアダウン プロジェクト ~でんきナマケます~ アンペアをダウンして取り戻す「豊」な生活。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会
耐震構法 SE構法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。