スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
Re: タイトルなし
天婆~さん どうもです。
> このディテールだと計算の性能は出ない。
> 計算は大壁の場合の式・・・と。
> W3さん、これで実験すればすぐ理解できるよ・・・
> では。

机の上で計算していて、実験ではどうなるのか気にはしています。
会社にいると、実験なんてどうでもいいから、諸手続きがOKで着工できればいい。
と、聞こえてきそうです。
では。
2010/09/28 19:12 W3 URL 編集
このディテールだと計算の性能は出ない。

計算は大壁の場合の式・・・と。

W3さん、これで実験すればすぐ理解できるよ・・・

では。


2010/09/28 10:49 天婆~さん URL 編集
かすかな記憶では(^_^;
昔の木構造基準や、青い本には、5倍以下と記載があったと記憶しています。
(間違っていたら、ごめんなさい)
たしか、周辺部材耐力が、それ以上の壁耐力には耐えられなかったのでは無かったかなぁ?

まぁ、昔話ですので・・・W3さんの方が、最近の事情には詳しいですね(^_^)気にしないで下さい。

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
2010/09/25 10:57 Erie URL 編集
Re: タイトルなし
☆''いつも元気なERIEちゃん''☆ どうもです。
構造計算する場合は、法では壁倍率の上限は、どこにも書いてない。
5倍がでてくるのは、仕様規定46条の壁量計算の時です。通常はこの仕様規定は守らなければならない。
ただし、46条2項ルートでいくと壁量計算はしなくていいので上限5倍は考えなくてよい。
グレー本では7倍までとなっているが、これは、フラット35の仕様書の在来工法を想定しているので、
想定外の仕様にする場合は、実験等を行い安全を担保することが必要となるようです。
では。
2010/09/21 22:19 W3 URL 編集
最近は、5倍以上の壁倍率が、認められるんですよね?
以前は、なんでしたっけ?木材の耐震性だかなんだかで(忘れた(^_^;)、5倍が上限とされてましたが・・・。
大丈夫なのでしょうか?実験は、現実より強く出ますから、その点、少し不安は感じますけどね。
大丈夫なのでしょうねぇ。。。by古い人間より

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
2010/09/20 11:09 Erie URL 編集
コメントの投稿
トラックバック (-)

5.73倍

5.73倍の仕様を考えてみた。
受け材タイプより倍率は小さいが使えそうな気がする。
グレー本には柱しゃくりタイプの計算方法がないので大壁タイプの計算だ。
実際は合板の木口でつっぱり、圧縮筋かい効果が期待できるのでもっと倍率は大きいはず。
5.73倍仕様
関連記事
コメント (5)
Re: タイトルなし
天婆~さん どうもです。
> このディテールだと計算の性能は出ない。
> 計算は大壁の場合の式・・・と。
> W3さん、これで実験すればすぐ理解できるよ・・・
> では。

机の上で計算していて、実験ではどうなるのか気にはしています。
会社にいると、実験なんてどうでもいいから、諸手続きがOKで着工できればいい。
と、聞こえてきそうです。
では。
2010/09/28 19:12 W3 URL 編集
このディテールだと計算の性能は出ない。

計算は大壁の場合の式・・・と。

W3さん、これで実験すればすぐ理解できるよ・・・

では。


2010/09/28 10:49 天婆~さん URL 編集
かすかな記憶では(^_^;
昔の木構造基準や、青い本には、5倍以下と記載があったと記憶しています。
(間違っていたら、ごめんなさい)
たしか、周辺部材耐力が、それ以上の壁耐力には耐えられなかったのでは無かったかなぁ?

まぁ、昔話ですので・・・W3さんの方が、最近の事情には詳しいですね(^_^)気にしないで下さい。

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
2010/09/25 10:57 Erie URL 編集
Re: タイトルなし
☆''いつも元気なERIEちゃん''☆ どうもです。
構造計算する場合は、法では壁倍率の上限は、どこにも書いてない。
5倍がでてくるのは、仕様規定46条の壁量計算の時です。通常はこの仕様規定は守らなければならない。
ただし、46条2項ルートでいくと壁量計算はしなくていいので上限5倍は考えなくてよい。
グレー本では7倍までとなっているが、これは、フラット35の仕様書の在来工法を想定しているので、
想定外の仕様にする場合は、実験等を行い安全を担保することが必要となるようです。
では。
2010/09/21 22:19 W3 URL 編集
最近は、5倍以上の壁倍率が、認められるんですよね?
以前は、なんでしたっけ?木材の耐震性だかなんだかで(忘れた(^_^;)、5倍が上限とされてましたが・・・。
大丈夫なのでしょうか?実験は、現実より強く出ますから、その点、少し不安は感じますけどね。
大丈夫なのでしょうねぇ。。。by古い人間より

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
2010/09/20 11:09 Erie URL 編集
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(受材タイプ)
次のページ(継手は弱い)
最新コメント
最新記事
プロフィール

良家 りょう(yoike-ryou)

Author:良家 りょう(yoike-ryou)
地場の工務店に勤務。
ほとんど、住宅設計を
担当しています。
仕事エリアは 秋田、
岩手、宮城県です。
血液型A型、さそり座。

月別アーカイブ
カテゴリ
W3ワンダースリー(以前のHN) (1)
構造 (142)
保険 (4)
温熱 (73)
長期優良住宅 (29)
木のはなし (19)
その他 (65)
情報 (13)
その他、資料等 (0)
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
メールフォーム(コメントを公開しないかたもメールで。)

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者様の累計
リンク集
このブログをリンクに追加する
アンペア ダウン
アンペアダウン プロジェクト ~でんきナマケます~ アンペアをダウンして取り戻す「豊」な生活。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会
耐震構法 SE構法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。