スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
Re: 当方も宮城県の調査に行き同様の被害を見ました
 天婆~さん  どうもです。
やはり調査に行かれてたのですね。
環境の悪いなか本当に御苦労さまでした。
私は残念ですが、雇われの身なので勝手には動けません。
この写真は、うちの盛岡営業所の者が宮古で撮って来たものです。

天婆~さんが最後に 何をすべきか・・・が見えてきた感じ というところが気になります。

悲しいかな 私には あきらめの感しかありません。 では。




2011/04/04 21:42 W3 URL 編集
当方も宮城県の調査に行き同様の被害を見ました
W3さん  天婆~さんです。

お久しぶりです。

当方も雑誌の依頼で調査に行きました。

かなりハードな調査で被災者と同様な感じでの調査
でした。

食べ物と寝る所は野宿状態で、寒い中での2泊はこたえました。

しかし、厳しい現実を見ると「阪神淡路大地震」の事が昨日の様に思い出されます。

木造住宅での被害と未被害の比較を調査して来ましたが
運、不運と言うのが現実に有る事を痛感いたしました。

行きは東京から山形まで夜行バスで行き、そこから
カメラマンの車で調査に宮城県内を調査しました。

帰りも山形駅までその車で帰り、山形駅から最終の米沢行きのJRで米沢に行き、そこで1泊しました。

駅前の居酒屋で温かいご飯とスープを飲むと、冷たい体が温まり
本当に山形のご飯は美味しかったですよ。

今まで現地調査では冷たいおにぎりとお茶だけでしたので
本当に生き返りました。

連絡先が分かっていたら連絡したのですが、忙しいと思い
ここにも書かないでいましたが、次回行くことがあれば
お邪魔でなければ連絡致します。

翌日米沢から米坂線で新潟の坂町まで行き、そこから新潟まで各駅で行き
さらに新潟から金沢まで北越6号で行き、最後に金沢から
サンダーバードで大阪まで帰ったのですが、JRが間引き運行していたので米沢から帰宅するまで14時間掛かりました。

でも疲れたことより、われわれ木造の構造技術者が
何をすべきか・・・が見えてきた感じです。

では。
2011/04/03 15:24 天婆~さん URL 編集
コメントの投稿
トラックバック (-)

津波-2

hasira-2
hasira -1
津波でさらわれた家。(ホールダウン部分)ここでは西側に倒れてた。

建物のサマリ
1F 77㎡  2F 60㎡  延べ137㎡  耐震等級 3  2005年に新築
屋根は瓦  外壁は全面タイル貼り  基礎の根入れは45cm  一般地域(積雪荷重は26.4N×82cm) 
海岸線から約3km弱  標高約12m 
1階柱脚のホールダウンの数は、25KN用が8本   津波の高さは現在は不明。


メモ
1896年(明治29年)の明治三陸地震津波で、岩手県沿岸の綾里(りょうり)では38.2m、吉浜(よしはま)24.4m、田老(たろう)14.6mの津波高さが記録されている。
関連記事
コメント (2)
Re: 当方も宮城県の調査に行き同様の被害を見ました
 天婆~さん  どうもです。
やはり調査に行かれてたのですね。
環境の悪いなか本当に御苦労さまでした。
私は残念ですが、雇われの身なので勝手には動けません。
この写真は、うちの盛岡営業所の者が宮古で撮って来たものです。

天婆~さんが最後に 何をすべきか・・・が見えてきた感じ というところが気になります。

悲しいかな 私には あきらめの感しかありません。 では。




2011/04/04 21:42 W3 URL 編集
当方も宮城県の調査に行き同様の被害を見ました
W3さん  天婆~さんです。

お久しぶりです。

当方も雑誌の依頼で調査に行きました。

かなりハードな調査で被災者と同様な感じでの調査
でした。

食べ物と寝る所は野宿状態で、寒い中での2泊はこたえました。

しかし、厳しい現実を見ると「阪神淡路大地震」の事が昨日の様に思い出されます。

木造住宅での被害と未被害の比較を調査して来ましたが
運、不運と言うのが現実に有る事を痛感いたしました。

行きは東京から山形まで夜行バスで行き、そこから
カメラマンの車で調査に宮城県内を調査しました。

帰りも山形駅までその車で帰り、山形駅から最終の米沢行きのJRで米沢に行き、そこで1泊しました。

駅前の居酒屋で温かいご飯とスープを飲むと、冷たい体が温まり
本当に山形のご飯は美味しかったですよ。

今まで現地調査では冷たいおにぎりとお茶だけでしたので
本当に生き返りました。

連絡先が分かっていたら連絡したのですが、忙しいと思い
ここにも書かないでいましたが、次回行くことがあれば
お邪魔でなければ連絡致します。

翌日米沢から米坂線で新潟の坂町まで行き、そこから新潟まで各駅で行き
さらに新潟から金沢まで北越6号で行き、最後に金沢から
サンダーバードで大阪まで帰ったのですが、JRが間引き運行していたので米沢から帰宅するまで14時間掛かりました。

でも疲れたことより、われわれ木造の構造技術者が
何をすべきか・・・が見えてきた感じです。

では。
2011/04/03 15:24 天婆~さん URL 編集
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(原発-2)
次のページ(地盤)
最新コメント
最新記事
プロフィール

良家 りょう(yoike-ryou)

Author:良家 りょう(yoike-ryou)
地場の工務店に勤務。
ほとんど、住宅設計を
担当しています。
仕事エリアは 秋田、
岩手、宮城県です。
血液型A型、さそり座。

月別アーカイブ
カテゴリ
W3ワンダースリー(以前のHN) (1)
構造 (142)
保険 (4)
温熱 (73)
長期優良住宅 (29)
木のはなし (19)
その他 (65)
情報 (13)
その他、資料等 (0)
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
メールフォーム(コメントを公開しないかたもメールで。)

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者様の累計
リンク集
このブログをリンクに追加する
アンペア ダウン
アンペアダウン プロジェクト ~でんきナマケます~ アンペアをダウンして取り戻す「豊」な生活。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会
耐震構法 SE構法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。