スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
-
<a href=http://www.sazes.ru/perevod-s-nemeckogo.html>
<img>http://s017.radikal.ru/i436/1301/41/ae2e743e3c6f.jpg</img>
<img>http://s004.radikal.ru/i208/1301/18/cf6ab504daf6.jpg</img></a>

Tegs: <b></b>.

<u>немецкий технический перевод онлайн метро крестьянская застава кропоткинская </u>
<i>немецкий технический перевод онлайн метро чистые пруды </i>
<b>немецкий технический перевод район останкинский </b>

<a href=http://www.sazes.ru/perevod-s-nemeckogo.html>немецкий технический перевод онлайн район солнцево </a>
2013/01/24 16:47 clorneymmegog URL 編集
No title
ERIEちゃん、さっそくのご訪問ありがとうございます。

今後ともよろしくです。

計算方法は、稲山先生や村上先生たちが

実験等を重ね導きだしたもので間違いはないはずです。
(わたしには検証はできません。)

まだまだ研究が進めば変わることが予想されます。

村上先生が言っておられるように、建物にあった方法で
するのが大事だと思います。

では。
2009/05/18 12:40 W3 URL 編集
そんなに金物は必要なのか?
最近の基準では、計算すると、かなりの金物が必要となる。
現実的に、そんなに必要なのか?
応力状態を把握して、本当に必要な数にするべきだとおもうけど。
木と鉄の相性は、そんなに良くないはず!

今、気になっているのは、柱脚と同じだけ、柱頭にも必要なこと。
柱脚が浮きあがらければ、柱頭は不要になるのでは無いだろうか?
素人考えだと、笑って下さい。。。

今の木造は金物に頼りすぎている。そう思うだけです。
金物が強い事は、確かですが、そんなにいるのだろうか?

疑問ばかり湧いてきます。

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
2009/05/18 11:01 Erie URL 編集
コメントの投稿
トラックバック (-)

ホールダウン

柱頭柱脚の引抜力の計算法

今日は計算が早く終わったので、↑の⑥のラーメン置換モデルを試してみた。

③のN値計算に準拠した法で計算するとホールダウン金物はたった2個。

ところが、⑥で再計算実行すると19個も必要となる。(使用ソフトはストラデザイン)

旧グレー本が出た当初は、ホールダウンが少なくなると思い

④の詳細計算法でやってましたが、③のN値法に準拠した方法がほとんどの場合

ホールダウン金物が少ないので③でずっとやってます。

少なくなるはずの詳細法が多くなるのがちょっと理解できません。

梁成から見ると⑥⑦が合っている住宅なので、

③で計算するのは良くないかも知れません。

でも筋交いがメインなのでやっぱり③か。

では。



関連記事
コメント (3)
-
<a href=http://www.sazes.ru/perevod-s-nemeckogo.html>
<img>http://s017.radikal.ru/i436/1301/41/ae2e743e3c6f.jpg</img>
<img>http://s004.radikal.ru/i208/1301/18/cf6ab504daf6.jpg</img></a>

Tegs: <b></b>.

<u>немецкий технический перевод онлайн метро крестьянская застава кропоткинская </u>
<i>немецкий технический перевод онлайн метро чистые пруды </i>
<b>немецкий технический перевод район останкинский </b>

<a href=http://www.sazes.ru/perevod-s-nemeckogo.html>немецкий технический перевод онлайн район солнцево </a>
2013/01/24 16:47 clorneymmegog URL 編集
No title
ERIEちゃん、さっそくのご訪問ありがとうございます。

今後ともよろしくです。

計算方法は、稲山先生や村上先生たちが

実験等を重ね導きだしたもので間違いはないはずです。
(わたしには検証はできません。)

まだまだ研究が進めば変わることが予想されます。

村上先生が言っておられるように、建物にあった方法で
するのが大事だと思います。

では。
2009/05/18 12:40 W3 URL 編集
そんなに金物は必要なのか?
最近の基準では、計算すると、かなりの金物が必要となる。
現実的に、そんなに必要なのか?
応力状態を把握して、本当に必要な数にするべきだとおもうけど。
木と鉄の相性は、そんなに良くないはず!

今、気になっているのは、柱脚と同じだけ、柱頭にも必要なこと。
柱脚が浮きあがらければ、柱頭は不要になるのでは無いだろうか?
素人考えだと、笑って下さい。。。

今の木造は金物に頼りすぎている。そう思うだけです。
金物が強い事は、確かですが、そんなにいるのだろうか?

疑問ばかり湧いてきます。

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
2009/05/18 11:01 Erie URL 編集
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(含水率)
次のページ(100万円の補助)
最新コメント
最新記事
プロフィール

良家 りょう(yoike-ryou)

Author:良家 りょう(yoike-ryou)
地場の工務店に勤務。
ほとんど、住宅設計を
担当しています。
仕事エリアは 秋田、
岩手、宮城県です。
血液型A型、さそり座。

月別アーカイブ
カテゴリ
W3ワンダースリー(以前のHN) (1)
構造 (142)
保険 (4)
温熱 (73)
長期優良住宅 (29)
木のはなし (19)
その他 (65)
情報 (13)
その他、資料等 (0)
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
メールフォーム(コメントを公開しないかたもメールで。)

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者様の累計
リンク集
このブログをリンクに追加する
アンペア ダウン
アンペアダウン プロジェクト ~でんきナマケます~ アンペアをダウンして取り戻す「豊」な生活。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会
耐震構法 SE構法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。