スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
Re: こんにちは。
かずゆき さん お久です。
> 自分も昨日見学会に行きました。
   地元だから来ると思ってました。
> 最初の説明の時に1時間近く地べたに座って聞いていたのでお尻と腰が痛くて大変でした(笑)
  ということは前のほうにいたんですか。約150名で、あの会場(待合室)では狭かったですね。
> で、現場見学の時に2階の梁を組んでいましたよね?見ました?(一番上の画像の左側?)厚さ45㎜程度の枠材を組んで正確な位置を出してから梁を組んでいました。なので一日に2スパン程度しか施工出来ないという話でした。
   道が良くて速く着いたので、車の中から2時間位見てました。午前中にワンスパン終わるのかなと思ってました。半分(片面)は地面で組んでたようでしたが。
> それと木造部分とRCのコアの部分はエキスパンで切るのではなく一体にして水平力はRC部分に負担させるという話でしたが、そんなこと出来るんですね...
   出来るみたいですね。梁にHD35を4個も付けるようですね。説明会でも話があったように、X方向Y方向の両方にRCコアかあれば、コアに挟まれた木造部分は柱だけでいい みたいなこともできるんでしょうね。  
ではまた。
 
2012/01/10 20:41 W3ワンダースリー URL 編集
Re: いつもがら・・・

> 当方は微小な「モドキ」木造しか出来ない・・・

この物件は、PPP(Public-Private Partnership)公民連携と言う手法との説明がありました。
公に予算がなくても民と連携することでスタートした事業だそうです。
このPPPの手法を活用した物件が増えるかもしれません。
では。
2012/01/10 19:58 W3ワンダースリー URL 編集
Re: 稲山先生のこの件と同様な平面的混構造をした
天婆~さん どうもです。
>稲山先生のこの物件の場合は、確認機関で理解できる御方がいるのだろうか・・・
>それとも確認通知の物件だったのだろうか??

説明会では、法の説明はありましたが、確認手続きのことは
ほとんどありませんでした。
梁間方向の壁で24mm合板で耐力をとっている部分は、計算では14倍位になるが
グレー本に習い7倍としてやってますとか、(確認上かは解らない)
現場で小耳にはさんだのは、燃え代設計のことで、
確か、現しになる木部だけを対象として確認を通した
みたいなことを言ってました。
建物に圧倒されて、(自分ではとても出来ないという思いもあり)確認表示板を見るのも忘れてました。
あまり参考にならなくてすいません。 では。
2012/01/10 19:49 W3ワンダースリー URL 編集
稲山先生のこの件と同様な平面的混構造をした
W3さん、どうも・・・

すばらしい見学会だった様ですね。

当方も、年末に斜面地での混構造3階の完成見学会を致しました。

1階はWRCで、2階は平面的に半分はWRCで、のこり半分は
木造軸組みです。
そして、3階はすべて木造軸組みです・・・

1階と一部2階が土圧を受ける為に土圧の処理と活動等の対処に
一工夫が必要でした・・・

確認申請で、一つ間違えば「不受理」となる所でしたが
膨大な説明資料「構造計算書+解説的か説明書」で、説明しながら・・・

なんとか理解して頂きましたが「次回からは特別なものは他機関で」と・・・

あまり複雑な物件は、民間確認機関では嫌われる・・・感じがする。

稲山先生のこの物件の場合は、確認機関で理解できる御方がいるのだろうか・・・

それとも確認通知の物件だったのだろうか??
2012/01/10 12:36 天婆~さん URL 編集
話は変わりますが
W3さん、うちの掲示板で、
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku211.html
この本は必要なのか?と言う質問がありました。
自分は、経験が無いので、返答が出来ません。
もし、良かったら、返事してあげて下さいm(__)m。。
http://orange.zero.jp/erie/cgi/wforum531/wforum.cgi?mode=read&no=3253&reno=no&oya=3253&page=0
こちらです。

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
2012/01/10 11:12 Erie URL 編集
こんにちは。
自分も昨日見学会に行きました。

最初の説明の時に1時間近く地べたに座って聞いていたのでお尻と腰が痛くて大変でした(笑)

で、現場見学の時に2階の梁を組んでいましたよね?見ました?(一番上の画像の左側?)厚さ45㎜程度の枠材を組んで正確な位置を出してから梁を組んでいました。なので一日に2スパン程度しか施工出来ないという話でした。

それと木造部分とRCのコアの部分はエキスパンで切るのではなく一体にして水平力はRC部分に負担させるという話でしたが、そんなこと出来るんですね...
2012/01/10 09:13 かずゆき URL 編集
いつもがら・・・
こんな依頼があるとは・・・まさに唯一無二の御方です。

こうなりたいが・・・何も無い者に取って高嶺の花。

当方は微小な「モドキ」木造しか出来ない・・・

2012/01/10 08:40 天婆~さん URL 編集
コメントの投稿
トラックバック (-)

オガールプラザ見学会

オガールプラザA
今日は、オガールプラザの見学会に行ってきた。
片道約210Kmで冬なので遠いと思ったが、道路状況がよくで良かった。
参加者約150人には驚いた。
オガールプラザ1
オガールプラザ2
稲山先生は、住宅屋さんでもやれるようになって欲しいみたいなことを言っていたが、
私は、とても出来そうにないと思った。納まり図をもらったので、見ればだいたい解るが
はたしてどんな構造計算をしているのだろう。
オガール説明1
オガール説明2
確かに1階の梁は住宅用のもの(接合はテックワン)だが、柱は220角とか240角とかだし
住宅用のプレカット(150角まで)のレベルじゃない。
オガール2階
オガール タイロッド20φ
2階屋根 床に設けたタイロッド20φ
2階はすごかったとしか言いようがない。
そして、このような中断面ですると、大断面の1/2~1/3の単価で出来るらしい。
このオガールプラザの木造躯体単価は、11万円/坪位と言っていた。
ではまた。

関連記事
コメント (7)
Re: こんにちは。
かずゆき さん お久です。
> 自分も昨日見学会に行きました。
   地元だから来ると思ってました。
> 最初の説明の時に1時間近く地べたに座って聞いていたのでお尻と腰が痛くて大変でした(笑)
  ということは前のほうにいたんですか。約150名で、あの会場(待合室)では狭かったですね。
> で、現場見学の時に2階の梁を組んでいましたよね?見ました?(一番上の画像の左側?)厚さ45㎜程度の枠材を組んで正確な位置を出してから梁を組んでいました。なので一日に2スパン程度しか施工出来ないという話でした。
   道が良くて速く着いたので、車の中から2時間位見てました。午前中にワンスパン終わるのかなと思ってました。半分(片面)は地面で組んでたようでしたが。
> それと木造部分とRCのコアの部分はエキスパンで切るのではなく一体にして水平力はRC部分に負担させるという話でしたが、そんなこと出来るんですね...
   出来るみたいですね。梁にHD35を4個も付けるようですね。説明会でも話があったように、X方向Y方向の両方にRCコアかあれば、コアに挟まれた木造部分は柱だけでいい みたいなこともできるんでしょうね。  
ではまた。
 
2012/01/10 20:41 W3ワンダースリー URL 編集
Re: いつもがら・・・

> 当方は微小な「モドキ」木造しか出来ない・・・

この物件は、PPP(Public-Private Partnership)公民連携と言う手法との説明がありました。
公に予算がなくても民と連携することでスタートした事業だそうです。
このPPPの手法を活用した物件が増えるかもしれません。
では。
2012/01/10 19:58 W3ワンダースリー URL 編集
Re: 稲山先生のこの件と同様な平面的混構造をした
天婆~さん どうもです。
>稲山先生のこの物件の場合は、確認機関で理解できる御方がいるのだろうか・・・
>それとも確認通知の物件だったのだろうか??

説明会では、法の説明はありましたが、確認手続きのことは
ほとんどありませんでした。
梁間方向の壁で24mm合板で耐力をとっている部分は、計算では14倍位になるが
グレー本に習い7倍としてやってますとか、(確認上かは解らない)
現場で小耳にはさんだのは、燃え代設計のことで、
確か、現しになる木部だけを対象として確認を通した
みたいなことを言ってました。
建物に圧倒されて、(自分ではとても出来ないという思いもあり)確認表示板を見るのも忘れてました。
あまり参考にならなくてすいません。 では。
2012/01/10 19:49 W3ワンダースリー URL 編集
稲山先生のこの件と同様な平面的混構造をした
W3さん、どうも・・・

すばらしい見学会だった様ですね。

当方も、年末に斜面地での混構造3階の完成見学会を致しました。

1階はWRCで、2階は平面的に半分はWRCで、のこり半分は
木造軸組みです。
そして、3階はすべて木造軸組みです・・・

1階と一部2階が土圧を受ける為に土圧の処理と活動等の対処に
一工夫が必要でした・・・

確認申請で、一つ間違えば「不受理」となる所でしたが
膨大な説明資料「構造計算書+解説的か説明書」で、説明しながら・・・

なんとか理解して頂きましたが「次回からは特別なものは他機関で」と・・・

あまり複雑な物件は、民間確認機関では嫌われる・・・感じがする。

稲山先生のこの物件の場合は、確認機関で理解できる御方がいるのだろうか・・・

それとも確認通知の物件だったのだろうか??
2012/01/10 12:36 天婆~さん URL 編集
話は変わりますが
W3さん、うちの掲示板で、
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku211.html
この本は必要なのか?と言う質問がありました。
自分は、経験が無いので、返答が出来ません。
もし、良かったら、返事してあげて下さいm(__)m。。
http://orange.zero.jp/erie/cgi/wforum531/wforum.cgi?mode=read&no=3253&reno=no&oya=3253&page=0
こちらです。

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
2012/01/10 11:12 Erie URL 編集
こんにちは。
自分も昨日見学会に行きました。

最初の説明の時に1時間近く地べたに座って聞いていたのでお尻と腰が痛くて大変でした(笑)

で、現場見学の時に2階の梁を組んでいましたよね?見ました?(一番上の画像の左側?)厚さ45㎜程度の枠材を組んで正確な位置を出してから梁を組んでいました。なので一日に2スパン程度しか施工出来ないという話でした。

それと木造部分とRCのコアの部分はエキスパンで切るのではなく一体にして水平力はRC部分に負担させるという話でしたが、そんなこと出来るんですね...
2012/01/10 09:13 かずゆき URL 編集
いつもがら・・・
こんな依頼があるとは・・・まさに唯一無二の御方です。

こうなりたいが・・・何も無い者に取って高嶺の花。

当方は微小な「モドキ」木造しか出来ない・・・

2012/01/10 08:40 天婆~さん URL 編集
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(ツーバイテン平使い柱)
次のページ(ストラデザイン 一口メモ)
最新コメント
最新記事
プロフィール

良家 りょう(yoike-ryou)

Author:良家 りょう(yoike-ryou)
地場の工務店に勤務。
ほとんど、住宅設計を
担当しています。
仕事エリアは 秋田、
岩手、宮城県です。
血液型A型、さそり座。

月別アーカイブ
カテゴリ
W3ワンダースリー(以前のHN) (1)
構造 (142)
保険 (4)
温熱 (73)
長期優良住宅 (29)
木のはなし (19)
その他 (65)
情報 (13)
その他、資料等 (0)
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
メールフォーム(コメントを公開しないかたもメールで。)

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者様の累計
リンク集
このブログをリンクに追加する
アンペア ダウン
アンペアダウン プロジェクト ~でんきナマケます~ アンペアをダウンして取り戻す「豊」な生活。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会
耐震構法 SE構法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。