スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

ストラデザイン 一口メモ

吹抜けに面した通し柱や勾配天井の棟木を支える柱。

ストラデザインでの座屈長さは

初めに入力する「軒高」と「想定梁せい」で決まってしまう。

そのままにしておくと、座屈長さ=「当階軒高」-「下階軒高」-「想定梁せい」となってしまう。

吹抜けに面した通し柱や勾配天井の棟木を支える柱はそれでは困る。

そんな時は、柱のZ座票を変更する。

そうずれば、座屈長さはちゃんと拾ってくれる。

しかし、ストラデザインでは階をまたぐ柱の入力はできないから、Z座標を変更したところにある柱は外せない。

よって、その外せない柱は、計算書に出力されてしまう。

では。



関連記事
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(Sボルト)
次のページ(NPO木の建築フォラム 2012年度新講座)
最新コメント
最新記事
プロフィール

良家 りょう(yoike-ryou)

Author:良家 りょう(yoike-ryou)
地場の工務店に勤務。
ほとんど、住宅設計を
担当しています。
仕事エリアは 秋田、
岩手、宮城県です。
血液型A型、さそり座。

月別アーカイブ
カテゴリ
W3ワンダースリー(以前のHN) (1)
構造 (142)
保険 (4)
温熱 (73)
長期優良住宅 (29)
木のはなし (19)
その他 (65)
情報 (13)
その他、資料等 (0)
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
メールフォーム(コメントを公開しないかたもメールで。)

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者様の累計
リンク集
このブログをリンクに追加する
アンペア ダウン
アンペアダウン プロジェクト ~でんきナマケます~ アンペアをダウンして取り戻す「豊」な生活。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会
耐震構法 SE構法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。