スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
>私には良くわからないけど、筋交い金物は上下同じものを使い柱に留めるのが基本のはず、
>そうすると、上部の直交する梁が大きい場合、3点留めは柱に留めなくて問題はないのでしょうか。

基本的には3点式は柱、梁、筋かいなのだが、上記の様な場合には無理なことも多々ある・・・
その場合3点は該当梁(小)、直交梁(大)、筋かいとして、柱と梁成の(大)とを
10kn以上の金物で緊結すると問題無い・・・のだが
中間検査のおじいさんが「あんた、この筋かい金物柱に付いていないじゃないか!」「これはダメ!」と・・・のたまうじゃあ~りませんか。

この手の人(検査員)は構造的説明しても理解不可能と・・・
そこで、直交の大きな梁成に合わせてパッキン材を(せん断抵抗性能を金物の3倍程度の安全率にして)
入れて同寸にして柱にも取り付け「そう!それでいいんじゃ!」と・・・

見る人が見たら「なんと素晴らしい無手勝流」と見えるだろう・・・

上記の内容もフィクションと・・・

>大学の講義でもそうゆう話しをしているのでしょうか。
>興味あるところです。

若者達には「現実の可笑しな問題」として写真つきで説明も、現場視察も・・・

ますます若者の木造不信を増やすかも・・・

他の意匠の先生方から睨まれる事もシバシバ・・・

まあ、木造の接合金物の改訂及び修正は今世紀も続くと思う・・・が
2013/03/13 13:15 天婆~さん URL 編集
Re: タイトルなし
天婆~さん どうもです。
> これ以外の方法も数通り以上有るが・・・
是非こんど発表して下さい。
> それよりも、某住木ではこのホワイトブックの内容のP76.77を
> 参考に「やはり2点式の筋かいプレートはコーナー部では
> 禁止にした方が良いか・・・
> と、やっと御理解頂けた様で・・・
>
> 2点留めの筋かい金物の問題点を認識し、改善する方向・・・
私には良くわからないけど、筋交い金物は上下同じものを使い柱に留めるのが基本のはず、
そうすると、上部の直交する梁が大きい場合、3点留めは柱に留めなくて問題はないのでしょうか。
> 他にも住木に考えて頂きたい構造的問題が多々有るが・・・
大学の講義でもそうゆう話しをしているのでしょうか。
興味あるところです。
ではまた。
2013/03/11 23:23 W3ワンダースリー URL 編集
Re: タイトルなし
☆''いつも元気なERIEちゃん''☆どうもです。
設計の先生から、やり直しと言われなくて良かったです。
(明日施工図提出予定。)
おっと、これはフィクションです。
ではまた。
2013/03/11 23:04 W3ワンダースリー URL 編集
Re: タイトルなし
かずゆきさんどうもです。
> 面白そうな本ですね~
面白いですよ。
天婆~さんの主張が随所にあります。
>すぐ注文します!(笑)
売上、私に来なくて残念。
アフィリ考えようかな。
ではまた。
2013/03/11 22:57 W3ワンダースリー URL 編集
これ以外の方法も数通り以上有るが・・・

それよりも、某住木ではこのホワイトブックの内容のP76.77を
参考に「やはり2点式の筋かいプレートはコーナー部では
禁止にした方が良いか・・・
と、やっと御理解頂けた様で・・・

2点留めの筋かい金物の問題点を認識し、改善する方向・・・

他にも住木に考えて頂きたい構造的問題が多々有るが・・・

2013/03/11 12:00 天婆~さん URL
建ててしまった後では、仕方無いですね(^_^;

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
2013/03/11 10:54 Erie URL 編集
柱の両脇に添え木をしての補強なのですね。これだと施工も簡単で良いですね。

でも...

面白そうな本ですね~

すぐ注文します!(笑)

2013/03/11 09:22 かずゆき URL 編集
コメントの投稿
トラックバック (-)

しろ本に感謝

以下はフィクションである。
児童福祉施設等、約1200㎡、木造3階建て、(木住協の)耐火構造
の工事を落札。
上棟中にミス発覚。(棟が上がったあと)
設計では、1階柱脚は基礎に掘立式だったのに、
現場では、土台に建ててしまった。

図面は不親切なものだった。柱脚柱勝ちは、1階床伏せ図に一言書いてあるだけであり
軸組図を見ると土台の上に立っているように書いてある。
柱脚をどう納めるのかの詳細図もなかった。(約2億の工事なのに)
見落としで、プレカット承認図の時も気が付かなかったようだ。
発覚後、担当者が私に相談してきた。私は、まず構造計算書を取り寄せてもらった。
ソフトはハウスST1だった。(私は使ったことがない)
長期軸力に2種類あり、雪が少し含まれているのと含まれていないのがあった。
意味はわからなかったが、大きい方を採用した。ほかに、中長期(長期積雪)がある。そうして、
長期と中長期(長期積雪)の軸力を調べ、めり込みチョック。
1階柱219本中33本でNGとなった。
すぐ白本が頭に浮かんだ。添え木方式である。
sirohonnmerikomi
監理の設計屋(意匠屋、構造屋)さんは、しろ本を知らなかった。
(もともと木造はあまりやってないのかもしれない。)
工事監理者に本を見せ、納まり等を説明し、添え木方式で決定した。
これから金物、壁合板、筋交い等の全33個所の施工図を提出することになる。
白本ありがとう。天婆さんありがとう。
全部ばらして造り直すとなったら大変なことだった。
以上フィクションです。ではまた。







関連記事
コメント (7)
>私には良くわからないけど、筋交い金物は上下同じものを使い柱に留めるのが基本のはず、
>そうすると、上部の直交する梁が大きい場合、3点留めは柱に留めなくて問題はないのでしょうか。

基本的には3点式は柱、梁、筋かいなのだが、上記の様な場合には無理なことも多々ある・・・
その場合3点は該当梁(小)、直交梁(大)、筋かいとして、柱と梁成の(大)とを
10kn以上の金物で緊結すると問題無い・・・のだが
中間検査のおじいさんが「あんた、この筋かい金物柱に付いていないじゃないか!」「これはダメ!」と・・・のたまうじゃあ~りませんか。

この手の人(検査員)は構造的説明しても理解不可能と・・・
そこで、直交の大きな梁成に合わせてパッキン材を(せん断抵抗性能を金物の3倍程度の安全率にして)
入れて同寸にして柱にも取り付け「そう!それでいいんじゃ!」と・・・

見る人が見たら「なんと素晴らしい無手勝流」と見えるだろう・・・

上記の内容もフィクションと・・・

>大学の講義でもそうゆう話しをしているのでしょうか。
>興味あるところです。

若者達には「現実の可笑しな問題」として写真つきで説明も、現場視察も・・・

ますます若者の木造不信を増やすかも・・・

他の意匠の先生方から睨まれる事もシバシバ・・・

まあ、木造の接合金物の改訂及び修正は今世紀も続くと思う・・・が
2013/03/13 13:15 天婆~さん URL 編集
Re: タイトルなし
天婆~さん どうもです。
> これ以外の方法も数通り以上有るが・・・
是非こんど発表して下さい。
> それよりも、某住木ではこのホワイトブックの内容のP76.77を
> 参考に「やはり2点式の筋かいプレートはコーナー部では
> 禁止にした方が良いか・・・
> と、やっと御理解頂けた様で・・・
>
> 2点留めの筋かい金物の問題点を認識し、改善する方向・・・
私には良くわからないけど、筋交い金物は上下同じものを使い柱に留めるのが基本のはず、
そうすると、上部の直交する梁が大きい場合、3点留めは柱に留めなくて問題はないのでしょうか。
> 他にも住木に考えて頂きたい構造的問題が多々有るが・・・
大学の講義でもそうゆう話しをしているのでしょうか。
興味あるところです。
ではまた。
2013/03/11 23:23 W3ワンダースリー URL 編集
Re: タイトルなし
☆''いつも元気なERIEちゃん''☆どうもです。
設計の先生から、やり直しと言われなくて良かったです。
(明日施工図提出予定。)
おっと、これはフィクションです。
ではまた。
2013/03/11 23:04 W3ワンダースリー URL 編集
Re: タイトルなし
かずゆきさんどうもです。
> 面白そうな本ですね~
面白いですよ。
天婆~さんの主張が随所にあります。
>すぐ注文します!(笑)
売上、私に来なくて残念。
アフィリ考えようかな。
ではまた。
2013/03/11 22:57 W3ワンダースリー URL 編集
これ以外の方法も数通り以上有るが・・・

それよりも、某住木ではこのホワイトブックの内容のP76.77を
参考に「やはり2点式の筋かいプレートはコーナー部では
禁止にした方が良いか・・・
と、やっと御理解頂けた様で・・・

2点留めの筋かい金物の問題点を認識し、改善する方向・・・

他にも住木に考えて頂きたい構造的問題が多々有るが・・・

2013/03/11 12:00 天婆~さん URL
建ててしまった後では、仕方無いですね(^_^;

...see you again.(^^)ノ゙☆''いつも元気なERIEちゃん''☆
2013/03/11 10:54 Erie URL 編集
柱の両脇に添え木をしての補強なのですね。これだと施工も簡単で良いですね。

でも...

面白そうな本ですね~

すぐ注文します!(笑)

2013/03/11 09:22 かずゆき URL 編集
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(いろは歌)
次のページ(アインシュタインの世界観)
最新コメント
最新記事
プロフィール

良家 りょう(yoike-ryou)

Author:良家 りょう(yoike-ryou)
地場の工務店に勤務。
ほとんど、住宅設計を
担当しています。
仕事エリアは 秋田、
岩手、宮城県です。
血液型A型、さそり座。

月別アーカイブ
カテゴリ
W3ワンダースリー(以前のHN) (1)
構造 (142)
保険 (4)
温熱 (73)
長期優良住宅 (29)
木のはなし (19)
その他 (65)
情報 (13)
その他、資料等 (0)
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
メールフォーム(コメントを公開しないかたもメールで。)

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者様の累計
リンク集
このブログをリンクに追加する
アンペア ダウン
アンペアダウン プロジェクト ~でんきナマケます~ アンペアをダウンして取り戻す「豊」な生活。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会
耐震構法 SE構法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。