スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コメント (-)
コメントの投稿
トラックバック (-)

パッシブハウス

まずQ値をいくらにすれば無暖房住宅が実現できるかを計算してみましょう。

無暖房住宅のQ値を求める一般式は

(日射熱等+室内発生熱)/(床面積×内外温度差)

となっております。

では数字を当てはめてみましょう。

  日射熱=450W/h 建設地、窓の仕様、向き、大きさ等によって大きく変わる

  室内発生熱=470W/h 家電等で350W、人体は60W(顕熱)×4人×在宅率50%

  床面積S=120㎡(36.30 坪)

  設定室温ti=22℃ (18℃~22℃)

  外気温to=-2.6℃ 拡張アメダス気象データより

 Q=(450+470)/(120×(22-(-2.6)))=0.312

(熱交でない時)換気回数0.5回/hぶんだけでもQ値は0.6になってしまいますから (0.5×0.35×414)/120=0.60

全体でQ値が0.312というのは不可能な数字のように思えるかも知れません。

(熱交換効率90%の換気扇を使用した場合のQ値は0.12となり、残り0.192しかない)(0.1×0.35×414)/120=0.12

ではどうすれば無暖房住宅が実現するのでしょうか?

それには冒頭の式の分子(日射熱等+室内発生熱)を大きくするしかないのです。

断熱を強化し、自然エネルギーを最大限利用することにつきます。

その自然エネルギーの目標設定としては

Q=0.532 とした場合 (1100+470)/(120× (22-(-2.6))
Q=0.566 とした場合 (1200+470)/(120× (22-(-2.6))
Q=0.600 とした場合 (1300+470)/(120× (22-(-2.6))

この辺りが目標となるでしょう。

では。
関連記事
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(エコボロンPRO)
次のページ(ホウ素系防腐防蟻剤)
最新コメント
最新記事
プロフィール

良家 りょう(yoike-ryou)

Author:良家 りょう(yoike-ryou)
地場の工務店に勤務。
ほとんど、住宅設計を
担当しています。
仕事エリアは 秋田、
岩手、宮城県です。
血液型A型、さそり座。

月別アーカイブ
カテゴリ
W3ワンダースリー(以前のHN) (1)
構造 (142)
保険 (4)
温熱 (73)
長期優良住宅 (29)
木のはなし (19)
その他 (65)
情報 (13)
その他、資料等 (0)
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
メールフォーム(コメントを公開しないかたもメールで。)

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者様の累計
リンク集
このブログをリンクに追加する
アンペア ダウン
アンペアダウン プロジェクト ~でんきナマケます~ アンペアをダウンして取り戻す「豊」な生活。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会
耐震構法 SE構法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。