二つのQ値

今、日本には、Q値(熱損失係数)がふたつ存在する。

総熱損失を床面積で割って求めるのですが、

その床面積の取り方にふたつあるのです。

北総研とアイベック。ただし北総研のは北方型住宅に限っての話ですが。

統一を望みます。

また、1種熱交使用時のみなし換気回数N'の算定方法もふたつある。

QPEX方式とアイベック。

これもまた、統一を望みます。

そして、

燃費(冷暖房費)の計算方法や表示方法にも統一したものを望みます。

あとは坪単価の表示法も各社バラバラなのもどうなんだろう。

では。
関連記事
コメント (0)
コメントの投稿
トラックバック (0)
前のページ(門型フレーム)
次のページ(瑕疵担保保険)
最新コメント
最新記事
プロフィール

良家 りょう(yoike-ryou)

Author:良家 りょう(yoike-ryou)
地場の工務店に勤務。
ほとんど、住宅設計を
担当しています。
仕事エリアは 秋田、
岩手、宮城県です。
血液型A型、さそり座。

月別アーカイブ
カテゴリ
W3ワンダースリー(以前のHN) (1)
構造 (142)
保険 (4)
温熱 (73)
長期優良住宅 (29)
木のはなし (19)
その他 (65)
情報 (13)
その他、資料等 (0)
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
メールフォーム(コメントを公開しないかたもメールで。)

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来場者様の累計
リンク集
このブログをリンクに追加する
アンペア ダウン
アンペアダウン プロジェクト ~でんきナマケます~ アンペアをダウンして取り戻す「豊」な生活。
「伝統的構法の設計法作成及び性能検証実験」検討委員会
耐震構法 SE構法